エピソード

宇宙VISION、オーナーカウンセラー 木戸浦ゆりの神秘に包まれたエピソード。


幼少期~10代

感受性が強く、サイキック能力を持つ摩訶不思議な子どもでした。幼い頃から、身の回りの気配にとても敏感で、その事で夜も眠れない毎日を過ごしていました。いつも不思議なものに囲まれていて、それが違う世界からやってくることを知っていたので誰にも言えずに秘密にしていました。不思議なものは、空間から突然現われるものだったり、宙に浮かんでいるものだったり、何かを伝えてくるものだったり、気持ち悪いものも綺麗なものもありました。

両親は共稼ぎで、一人っ子の私はいつも家の中では誰かに話し掛けていました。子どもながら大人の考えを読むことが出来たので、時には小学校の担任に不思議な子(気味が悪い子)という烙印を押されたこともあります。

何故大人の考えを読むことが出来るのか?子どもながら自分を不思議な存在だと受け止めていました。私は見えないものと会話をしたり、メッセージを聞くことを他の人に知られないように、自らを8歳で封印していました。それは身を守るためだったのです。

 

その後も、言葉では説明できない現象が毎日起きるので、大変苦しんでいました。生きていくには身がもたないと悩んでいた当時14才の私は、ある日はっきりメッセージを受けたのです。「22歳まで生き抜きなさい。そうすればあなたの運命が変わる」という言葉でした。

20~40代・・・

夢、理想、宗教、人生の苦難、決断、真実の自分、覚醒。その言葉を頼りに23歳でそれまで宗教にはまったく無縁だった私がある宗教(仏教)団体に縁をしました。仏教の本を読み、教義を実践して海外で活動をしたこともありました。理想の自分を求めて頑張る一方、この頃は身に起きる出来事が苦難の連続だったので、自分を見失わないように生きるのが精いっぱいでした。やがて本当に求めているものは違う世界だと気が付きはじめ、ついに組織から離れて自分が本当に求めている世界を探し始めました。

私の人生の中で一番多く占めていた行動は、いつも誰かの相談に乗ることでした。いつも人の心を読み解きながら理解したいと願っていたのです。わからないことがあればわかるまで答えを求めて、自分を客観的にも見れるように仕向けていました。

この世界をもっと学びたいと考えて、社会人になってから通った大学での哲学、心理学、教育学等の学問の知識はとても刺激になりました。しかし、それをはるかに超える宇宙大の存在を知ったのです。 それは天と地がひっくり返るほどの衝撃でした。最初に読破した書物がシルバーバーチであったのは幸いでした。自分が何者であり、実は生まれながらの宇宙的なチャネラーだとはっきり知ることができたからです。

私にとってはそれは幼い頃にいつも身近にあったもので、何の違和感もない同じ波動でした。 むさぼるようにスピリチュアルの研鑽をしていくうちに、どんどん封印していた扉が開かれていきました。それと同時にガイドの存在も感じられるようになりました。これまで体験してきた理解しがたい霊的な現象や確認しがたいものもスピリチュアルを通してみると納得がいくことばかりです。幼い頃からみてきた宇宙・地球の映像やメッセージが空想、妄想ではなく、自分がおかしくなかったことが嬉しくて、楽しくて生まれてきたことを心から宇宙に感謝しました。スピリチュアルは私の人生そのものだったのです。

そして、この現代の荒廃した文明に、人間の本来の生き方を思い出すために目覚めた仲間がたくさんいることもわかりました

50代~未来永劫

私のカウンセリングはマニュアルがありません。答えは人によって違うからです。人間の数だけ道はあります。私ができることは今この瞬間に相談者(クライエント)の気付きのためにガイドたちのメッセージを伝えるだけです。その方のカルマを見つめ、過去から未来へ人生を謳歌するためにお手伝いをさせていただいています。

子どもの頃よりずっと私に寄り添ってきてくれたたくさんの守護のガイド達が、私が覚醒するために辛抱強く見守ってくれていたように、私もライトワーカーとして相談に来られる方々を見守りながら、素晴らしいガイドのメッセージをお届けいたします。それが大天使ミカエルとの約束でした。

やがてこの地球を去り、また人類の前に現れたときにはきっと地球にご恩返しができるガイドになっていると思います。